『ゼロフロン®』 旭有機材の画期的新断熱システム

ゼロフロン®



お役立ち情報

現在地は現場発泡断熱システム「ゼロフロン®の中のお役立ち情報の中の旭有機材の画期的新断熱システムの中のゼロフロン®ER-Xは、なぜ高い断熱性能と地球環境への低負荷が実現できるのか?です。

旭有機材の画期的新断熱システムゼロフロン®ER-Xは、なぜ高い断熱性能と地球環境への低負荷が実現できるのか?

従来のノンフロン現場発泡硬質ウレタンフォームは、フォーム形成時に発生した発泡ガス(炭酸ガス)をセル内に閉じ込めることができないため、空気に置換していました。空気と炭酸ガスの断熱性能を比較すると、炭酸ガスの方が断熱性能が高いため、空気に置換したウレタンフォームの断熱性能は落ちてしまいます。

ゼロフロン®ER-Xはその高い独立気法率により、空気への置換を最小限にとどめております。

また、発泡剤には新しい発泡ガスであるHFOガスを採用しました。HFOガスは、従来ノンフロン品に使用されている炭酸ガス(λ:0.015W/m・K)より高い断熱性能(λ:0.013W/m・K)を持ちながら、地球温暖化係数が1という画期的なガスです。

ゼロフロン®ER-X(熱伝導率0.026 W/m・K)
従来ノンフロン(熱伝導率0.034 W/m・K)

ゼロフロン®ER-Xと従来ノンフロンの熱伝導率の違い

また、独立気泡の割合(独立気泡率)が90%以上と非常に高くなったことで、透湿抵抗が向上しました。(従来ノンフロンでは、独立気泡率30%程度)

ゼロフロン®ER-X (透湿率2.5ng/(m・s・Pa))
従来ノンフロン(透湿率9.0ng/(m・s・Pa))

ゼロフロン®ER-Xと従来ノンフロンの透湿抵抗の違い

お問い合わせ・資料請求

Webサイトから
お問い合わせ・資料請求フォーム
お電話から
03-5826-8833 【受付時間】平日9:00~18:00(土日祝日除く)

ページ上部へ